こんにちは、到津校の砂川です。

雨が断続的に降る日々が続き、

大雨で警報アラームがなることもしばしば。。。

先日北九州が梅雨入りした頃に地元の沖縄は梅雨が明けたみたいで笑

北九州でも早くカラッと晴れて欲しいですね。

さて、

今回は九州大学の過去問英語についてお話していきたいと思います。

2020年度 九州大学 過去問英語より一部抜粋

九大の二次試験の英語は例年、大問数5題です。

長文読解が3題、自由英作文が1題、和文英訳が1題

試験時間は120分。

記述問題を中心に出題され、さらに要約や英訳などの英作文も課されるため、

英文を素早く読み、理解し、英作文には答案作りに時間をかける必要があります。

英文を早く読むためにはやはり”音読”が鍵になってきます。

日本語を介さずに英語のまま理解することでスピードアップを狙いましょう。

1日20回長文を音読する習慣をつければ次第に読むスピードは上がってきます。

また音読の方法にも色々種類はありますし、

それぞれの方法が目的とする能力もあります。

気になる方は到津校で伝授しますのでいつでもお待ちしております。

次回は私が学生時代の勉強方法について少しお話ししたいなと思います。

では。

4+