志望校合格のために最も活用すべきなのは、やはり「過去問」です。
どんな問題が出題されているか、自分の力で今どれくらいできるか、
どこを攻めれば、合格点に近づくことができるか?
自分の今後の学習において参考になること、満載です!

一般的に過去問は本屋で販売している「赤本」を解くことが主流です。
1つ欠点があります。出題傾向や現時点での力を知ることはできますが、
自分の得点はわかりません。
国立二次試験は記述です。答えが合っていれば満点ということにはなりません。
また英作文のような解答が様々ある場合は、自分の解答でいいものか判断が
つきにくいものです。

東進でそんな悩みは解消!
自分の答案を添削、採点してくれる!
現時点で何点取れて、解答の修正で1点でも多く取れる解答づくりができる。

今回、神戸大2019文系数学大問1を解いてみました。
できたー!という感触はあった。でも解答に不安が…

でも、得点は?
なんと、満点!25点ゲット!やったー!

点数が分かることで、モチベーションが高まりませんか?
東進ではこのように過去問を活用して、合格力を高めていきます。

1+